• Saudade Books

【新刊案内】(ま)&アサノタカオによるインタビューとエッセイ『「知らない」からはじまる』を刊行します

更新日:1月9日





サウダージ・ブックスより、(ま)&アサノタカオによるインタビューとエッセイ『「知らない」からはじまる——10代の娘に聞く韓国文学のこと』を刊行します。本書は2021年1月下旬より、サウダージ・ブックスのオンライン・ショップおよび直接取引店で販売します(取次経由の書店・ネット書店への流通は予定していません)。



インタビューとエッセイ

「知らない」からはじまる——10代の娘に聞く韓国文学のこと


2022年1月27日 初版第一刷発行


著者 (ま)&アサノタカオ

発行 サウダージ・ブックス


装丁・組版 納谷衣美

編集 A. N.

校正 瀬尾裕明

韓国語チェック 中野志穂子

印刷製本 株式会社イニュニック


仕様 46判変形(幅122mm*縦188mm)/116ページ/並製

定価 本体1800円+税



【推薦のことば】


《アイドルも文学もこころ惹かれるものは同じで、知らないものを「好き」になることからはじまっていいんだよと文字を組みながら強く思う。》


——納谷衣美(ブックデザイナー、本書の装丁・組版を担当)



【内容紹介】 「未知の世界を発見する喜びは、いつも知らないものたちの冒険心からはじまる」。サウダージ・ブックスの編集人で韓国文学ファンである父親が、K - POPが好きな10代の娘に話を聞いてみた。憧れのソウルを旅行したこと、韓国の小説を読んだこと。韓国カルチャーの追っかけをするふたりのアマチュアの、少しミーハーで少しきまじめな証言を記録したインタビュー&エッセイの本。 《作者のチョン・セランには、いまの韓国はそう簡単に幸せになることが許されない暗い時代だっていう考え方があって、暗ければ暗いほど、小さな希望に光を感じられるっていうことなんじゃないの? だから……ホ先生が通りすがりの子どもに運を分けてあげたいと思うちょっとしたエピソードにもあたたかい価値が生まれるんだと思う。》 ——(ま)「ホ先生が人生の最後に抱く幸福には、でも陰がある」より *本書の「はじめに」をこちらで公開しています。




【目次】 はじめに

——「知らない」からはじまる旅と読書 アサノタカオ Ⅰ インタビュー ま&アサノタカオ 「バンタン食堂」で会ったお姉さんは、とてもフレンドリーだった ——BTS聖地巡礼その他 1 距離みたいなものがなくなってメンバーが身近な存在に ——BTS聖地巡礼その他 2 この「むなしさ」は自分と同じ「世界線」にある ——チェ・ウニョン『ショウコの微笑』 ホ先生が人生の最後に抱く幸福には、でも陰がある ——チョン・セラン『フィフティ・ピープル』 思いを話したいと願うようになったから「ことば」が出てきた ——ファン・インスク『野良猫姫』 背負いきれないものを背負っている人たちが何かを封印して生きている ——キム・エラン『外は夏』 問題の原因は目に見えない感情や気持ち、人と人の関係にある ——チョン・セラン『保健室のアン・ウニョン先生』 非日常のあとの日常を普通に生きていく人を描くこと ——チョン・セラン『屋上で会いましょう』

Ⅱ エッセイ 心の矢印が、ぐっと朝鮮半島のほうに傾いた アサノタカオ 忘れられたものたち、忘れてはならないものたち ——ファン・ジョンウン『ディディの傘』 アサノタカオ わからない世界で自分を生きる ——チョン・セラン『声をあげます』 (ま) おわりに ——親子という境域(ボーダーランズ)で話を聞く アサノタカオ



【著者紹介】 (ま) 2004生まれ。高校生。K-POPファン、韓国語を勉強中。 アサノタカオ 1975年生まれ。大学卒業後、2000年からブラジルに滞在し、日系移民の人類学的調査に従事。2009年よりサウダージ・ブックスの編集人をつとめながら、現在はフリーランスで編集と執筆の仕事をしている。著書に『読むことの風』(サウダージ・ブックス)。

【注文書】








サウダージ・ブックス有限責任事業組合

TEL&FAX 0467-62-3151

E-Mail info@saudadebooks.com

担当 アサノタカオ

最新記事

すべて表示

2021年末の営業は12月27日(月)まで、2022年始の営業は1月7日(金)から開始します。12月28日〜1月6日の間は、商品の発送を含め、お休みとさせいただきます。みなさま、静かなよい年末年始をお過ごしください。よろしくお願い申し上げます。