About

知恵をひろい、歌をおくる。波のページに耳をすませる。

本の向こう側にひろがる、あこがれの風景へ。

 

サウダージ・ブックスは、2007年に神奈川県の海辺の町・葉山で生まれた出版レーベルです。 

これまで沖縄・奄美や瀬戸内の島々を旅するなかで、さまざまな風景や人びと、ことばとの出会いから、14冊ほどの書物を刊行してきました。

2018年、しばらくの充電期間を経て、再出発します。自然の声に耳を傾け、その教えをわかちあうことも、これからのテーマにしたいと思います。

わたしたちが変わらず大切にしているのは、想いを込めて制作した小さな本を、小さな場所で、手から手へと受け渡していくこと。そして、読者の心の扉を開くメッセージを届けること。

家族で営むスモールプレス(小出版社)という原点に帰り、「旅」と「詩」と「野の教え」をテーマにする本を刊行していきたいと考えています。

                               ​

代表 浅野佳代 

IMG_0435 (1).jpg

事業内容

出版 本を発行して販売します。

イベント企画 著者の講演、絵画・写真などの作品展示、出版編集の講座や読書会の企画・運営をおこないます。

編集制作 書籍・雑誌・ウェブメディアでの取材・執筆・編集・校正・デザイン制作を業務委託でおこないます。アサノタカオ編集室が担当します。

サウダージ・ブックス有限責任事業組合

TEL &FAX 0467-62-3151

info@saudadebooks.com

営業時間:9時〜18時 定休日:土・日・祝

​売上の1%は難民・移民を支援する活動に寄付されます。​

サウダージ・ブックスの歩み

2007年11月 神奈川県の葉山で、アサノタカオが出版レーベルの活動を開始。レヴィ=ストロース&今福龍太 写真展 「ブラジルから遠く離れて1935/2000」(ギャラリーマキ)のパンフレットを編集制作。

2009年 5月 最初の本、今福龍太編『ブラジルから遠く離れて 1935—2000』を発行。発売元=有限会社 港の人よりほか2冊を出版。

2009年12月 叢書 群島詩人の十字路を創刊。

2012年 4月 香川県の豊島に移転。アサノタカオ、浅野佳代の2名で有限責任事業組合を設立。

2013年10月 西川勝『「一人」のうらに』、黒島伝治『瀬戸内海のスケッチ』を同時発行。発売元=株式会社 瀬戸内人よりほか6冊を出版。

2016年 4月 大原治雄写真集『ブラジルの光、家族の風景』を発行したのち、活動休止。

2018年 4月 神奈川県の鎌倉に移転。

2018年 8月 代表をアサノタカオから浅野佳代に変更し、本の発行から販売まで自主的におこなうスモールスプレス(小出版社)として活動再開。

 

2019年11月 宮脇慎太郎写真集『霧の子供たち』を発行。

2020年3月 宮脇慎太郎が写真集『霧の子供たち』出版を含む活動で2019年度香川県文化芸術新人賞受賞。

2021年12月 渋谷敦志が写真集『今日という日を摘み取れ』出版を含む活動で公益財団法人日本写真家協会・第4回笹本恒子写真賞受賞。

2022年4月 編集制作部門として「アサノタカオ編集室」を開設。