Takao Asano

​編む。読む。書く。


サウダージ・ブックス編集人のアサノタカオが、
書籍・雑誌・ウェブメディアでの「編集」と「執筆」の仕事を承ります。

また、外部スタッフ(ライター・校正者・イラストレーター・カメラマン・デザイナー)とのチームにより、本の企画立案から完全データ作成まで編集制作を担当することもできます。
ご相談やご依頼については、
Contact よりご連絡ください。

 
 
 

Profile

アサノタカオ 
編集者、ライター。1975年生まれ。大学卒業後、2000年から3年間ブラジルに滞在し、日系移民の人類学的調査に従事。サウダージ・ブックスの編集人をつとめるかたわら、文学・ノンフィクション・人文社会・写真などの分野で本作りの仕事をしている。自主読書ゼミ「やわらかくひろげる」主宰。著書に随筆集『読むことの風』(サウダージ・ブックス)。
Twitter @asanotakao1975

​■ 主な編集担当書籍をこちらにまとめています。最新刊は、黄晳暎『たそがれ』(姜信子・趙倫子訳、クオン)。

https://booklog.jp/users/asanotakao197501

取引実績=岩波書店、講談社、平凡社、東京外国語大学出版会、港の人、140B、晶文社、クオン など

​■ 旅と本をテーマに、各種媒体でエッセイ・書評・取材記事を執筆しています。ウェブマガジン『UPI STORIES』で連載中。
https://upioutdoor.com/story/smallfire01/

​■ 企業や団体が発行する出版物・カタログ・冊子・報告書・ウェブサイトなどの編集と執筆をおこなっています。介護・福祉、農業・食・地域、アウトドアの分野の仕事をしています。


取引実績=NPOココペリ121、公益社団法人認知症の人と家族の会大阪府支部、株式会社ファームステッド、株式会社アンプラージュインターナショナル など



















 

©宮脇慎太郎