• Saudade Books

【新刊案内】宮脇慎太郎写真集『UWAKAI』を刊行します

更新日:4月22日



サウダージ・ブックスより、宮脇慎太郎写真集『UWAKAI』を刊行します。本書は2022年4月下旬より、サウダージ・ブックスのオンライン・ショップおよび直接取引店で販売します(取次経由の書店・ネット書店への流通は予定していません)。 宮脇慎太郎写真集 UWAKAI 2022年4月30日 初版第1刷発行 著者 宮脇慎太郎

発行 サウダージ・ブックス アートディレクション 大池翼 プリンティングディレクター 高松了吾(株式会社 松栄印刷所) 校正 瀬尾裕明 印刷・製本 株式会社 松栄印刷所 仕様 A4判変形/112ページ/上製 定価 本体3800円+税 【内容紹介】 2015年の春から2021年の夏までの約6年間、四国の南西部を断続的に旅した。そこは透明度の高い宇和海に面し、リアス式海岸が続く美しき最果ての地。 海に山々が突き出す平地の少ない地形に人々は石を積み上げ、集落や段々畑を作ってきた。どんな場所であってもここで生きていく——時を経ても崩れない石垣は、そんな意志を無言で体現しているように思えた。 ——宮脇慎太郎 宇和海を望む四国・愛媛県の南予地方。リアス式海岸の入り組んだ複雑な地形と、独自の混交的な生活文化が織りなす風景。そこに漂う圧倒的にリアルなものでありながら、ことばで表現するのが難しい土地固有の「精神性」を捉えたい——。瀬戸内国際芸術祭公式カメラマンである気鋭の写真家・宮脇慎太郎が「辺境」への旅を記録した渾身の作品集。 *本書に収録した著者のエッセイ「うらかたの光」をこちらで公開しています。







【著者紹介】 宮脇慎太郎(みやわき・しんたろう)

写真家。瀬戸内国際芸術祭公式カメラマン、専門学校穴吹デザインカレッジ講師。1981年、香川県高松市生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、六本木スタジオなどを経て独立。大学在学時より国内外への旅を繰り返し、日本列島では聖地と呼ばれる様々な場所を巡礼。2008 年、東京から高松に活動の拠点を移す。2020年、香川県文化芸術新人賞を受賞。写真集に『霧の子供たち』(サウダージ・ブックス、2019年)ほか。 サウダージ・ブックス有限責任事業組合 TEL&FAX 0467-62-3151 E-Mail info@saudadebooks.com 担当 アサノタカオ



最新記事

すべて表示