• Saudade Books

【イベント】やわらかくひろげる ハンセン病文学を読む 第5回@東京

最終更新: 8月20日






2020年9月5日(土)16時~東京・西荻窪の忘日舎で、読書会イベント「やわらかくひろげる」第5回を開催します。編集人のアサノタカオが案内役をつとめます。課題作品は谺雄二の詩「ライは長い旅だから」。ワークショップ形式で詩の作品をじっくり読みます。


同作品は『死ぬふりだけでやめとけや』(みすず書房)、また『詩と写真 ライは長い旅だから』(皓星社)に収録されています。後者の本では趙根在さんの写真とともに作品が掲載されており、今回は趙根在さんの写真との対話も試みます。


イベントの詳細は忘日舎のウェブサイトをご覧ください。



サウダージ・ブックス有限責任事業組合    info@saudadebooks.com
© Saudade Books 2018. All rights reserved.
Privacy Policy
  • Twitter - Grey Circle
  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle